幻影島

 何という男だフリードキン教授。僕に復讐する為にクローンを作り攻撃してくるなんて。
 クローンを攻撃するのに躊躇いがなかったわけじゃない。ただ、攻撃しなくてはこっちがやられるからしたまで。
 済まない、クローン達。どうか安らかに…。
 僕は許さない。フリードキン教授。仲間、そしてクローンを侮辱した事。身をもって償うがいい。
 研究所に帰ると仲間が集まっており、一瞬身構えてしまった。けど本物で安心したよ、本当に。
 僕が死んだと思ったらしい…。ごめん、みんな。心配かけて…。

タイトルとURLをコピーしました